シーリング工事

サイディングやALCなどの外壁に見られる、ボードとボードのつなぎ目や、窓などのサッシまわり。
その隙間を埋めるのに使われている、白いゴム状の素材のことを、「シーリング」といいます。

実はこのシーリングのメンテナンスは、お住まいを長く使う上で大変重要。
紫外線が直接あたると、シーリングは劣化し、やせ細ったりひび割れたり、剥がれたりしてしまいます。

劣化をそのままにしていると、外壁に隙間ができてしまい、そこから水が浸入してしまうことに。
そういった漏水トラブルを防ぐためにも、10年に一度、「シーリング打ち替え工事」を行うことが必要です。

工事には大変細かい作業を要するため、手順や仕様などをきっちり押さえておかなければ、シーリングを甦らせるどころか、逆に劣化減少を引き起こすことも。
当社にご依頼いただければ、細部まで妥協しない丁寧な作業で、きっと強いシーリングをお届けします。


■ 目地材にこんな症状を見つけたらキケンです!

・ひび割れ・切れ
・痩せ
・硬化
・剥がれ
▲雨漏りを防ぐためにも、10年に一度を目安に、シーリング打ち替え工事を行いましょう!

一覧に戻る

▲TOPへ