外壁補修

外壁のひび割れや剥がれ、モルタル浮きをそのままにしていませんか?
たとえわずかな隙間でも、水や湿気は容赦なく建物内部に入り込みます。
そうして浸入した水は、コンクリートや鉄骨に損傷を与えたり、雨漏りを引き起こす原因になるため、補修工事は欠かせません。

劣化症状は外壁の種類によっても異なりますので、ご自宅の外壁の特徴や、メンテナンスが必要な時期を押さえておくことが、お住まいを長持ちさせるポイント。
気になる症状を発見したら、すぐに当社までご連絡ください。

>>目地部分の痩せやひび割れ・剥がれが気になる方はシーリング工事を

■ 超音波振動剥離工法

超音波振動剥離工法とはこれまでの工法と比較して騒音・粉塵・振動が少ない工法です。
剥離面の損傷が少ないため、剥離面の下地処理費用を大幅に削減できると言われています。
下地処理費用を削減することにより、総費用を抑えられます。


■ 主な外壁の特徴と起こりやすいトラブル

◎サイディング
現在最も一般的に使われている外壁材で、窯業系サイディング、金属系サイディング、セラミック系サイディングなど、様々な種類があります。デザイン・カラーが豊富にあり、選択肢の幅が非常に多いのが特徴です。
【起こりやすいトラブル】
・目地部分のシーリングの劣化
・ボードの反りや変形
・塗膜の劣化によるひび割れや腐食、内部暴発

◎モルタル
水・セメント・砂を混ぜあわせた「モルタル」が主原料の外壁材です。サイディングが普及する前までは、日本の木造住宅の多くに、モルタル外壁が使われていました。防水機能に乏しいため、10年に一度の塗り替え工事は必須です。
【起こりやすいトラブル】
・ひび割れ・掛け
・腐食による剥落
・カビ・苔の発生

◎タイル
粘土を主原料に、各種の鉱物を混ぜて形成された外壁材です。耐候性、耐久性、耐火性に優れており、メンテナンスはほとんど必要ありません。その分、他の外壁材よりも施工費・初期費用が高価になっています。
【起こりやすいトラブル】
・外から衝撃を受けた時に起こる割れ・欠け
・接着剤や目地部分の劣化

◎ALCパネル
ALCは日本語では「軽量気泡コンクリート」と呼ばれ、珪石、石灰、セメント、アルミニウムを混ぜ合わせてつくられています。普通のコンクリートよりも格段に軽く、断熱性能に優れています。
【起こりやすいトラブル】
・塗膜の劣化によるひび割れ、変形、腐食
・外から衝撃を受けた時に起こる割れ・欠け

一覧に戻る

▲TOPへ