ウレタン防水 【あらゆる箇所におすすめ】

液体状のウレタン樹脂を塗り付けて固め、ゴム状の防水層をつくります。
液状という特性を活かし、狭い場所や、設備基礎の回りなどに施工がしやすいという特長があります。
形状が複雑でも簡単で安価に施工できるため、様々な場所で用いられている工法です。
FRP防水に比べて皮膜が柔らかいため、定期的にトップコートを施工する必要があります。

■ ウレタン防水に適した箇所

戸建住宅:ベランダ・バルコニー・外壁  など
マンション:屋上・ベランダ・外階段・廊下・外壁  など


■ ウレタン防水の種類

◎ ウレタン塗膜防水
液体状のウレタン樹脂を塗り付けると、塗布した材料が化学反応を起こして固まります。
これによりゴム状で、弾性のある防水膜が作られます。
液体状の材料を使って現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でも、継ぎ目のない完全な防水膜を加工できます。

▼ メリット
・FRP防水に比べ、コストが安い
・防水層が軽量なので、建築物にかかる負担が少ない
・複雑な形状の部位へも使用可能
・継ぎ目のない均一な仕上がり

一覧に戻る

▲TOPへ