FRP防水 【ベランダ・バルコニーにおすすめ】 

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)を利用して、頑丈な防水層をつくります。
プールや浴槽などに多く使われ、高硬度なので、人の出入りが激しくよく歩行されるベランダ等におすすめです。
FRP防水最大の長所はその『丈夫さ』。
防水層自体が軽くて様々な形状(複雑な施工箇所)に施工でき、仕上げ色も自由に選択できます。


■ FRP防水工事に適した箇所

戸建住宅:ベランダ・バルコニー・浴槽  など
マンション:ベランダ・廊下・浄化槽  など


■FRPとは

Fiber Reinforced Plastics の略で、Fiber=繊維、Reinforced=強化された、 Plastics=プラスチック
強化材(主にガラス繊維)に低圧成形用樹脂(主に不飽和ポリエステル樹脂)を含浸させて成形することにより、機械的強度を著しく向上させた強化プラスチックの総称です。


■FRP防水の特性

・強靭で耐久性に優れ重歩行、車両の走行が可能
・長期間防水能力を維持でき、補修もトップコートの塗り替えだけで済むのでコストダウンにつながる
・下地への密着性に優れ、どんな形、色にでも、仕上げることが可能
・軟質FRPが音を吸収するため、雨音などの騒音が軽減される
・硬化が早いので従来の工法に比べて工期が短縮でき、現場経費節減が可能 
・軽量で強靱な防水層が、煙草もポイステ・塩害・鳥害対策に最適
・温水にも対応できるので浴室の床や壁に露出で防水できる

一覧に戻る

▲TOPへ